我が家の介護費、2017年3月の様子

おはようございます

ヘルパー関連の支払いが到着したのでざっと
まとめてみました。


定期的なヘルパー利用 5,407円
病院付き添い 1回    5,000円
冷凍惣菜         19,564円(4,891円*4回)
車椅子レンタル        500円(毎月)

ざっと、30,471円

これ以外にもパンやご飯の主食、他フルーツ類等の
差し入れ、家の小さなメンテナンス(電球切れ、水道の
パッキン交換手配等)をサポートしています。

5万ぐらいと見込んでいましたが、あたらずとも遠からず。
介護保険の級(等級?)が上がれば安くなると思われる方も
居るかもしれませんが、介護の等級が上がれば
その分、手間が掛かるとなり、支払いは増えると認識したほうが
良いですと言われています。

今プラスでケアマネさんから勧められているデイサービス
これね、週に2回ぐらい通うことになったら、プラス1~2万かな

デイサービスとは、保育所老人版みたいなものと
ケアマネさんから言われました。日中留守になるお家で
老人一人にするのは危ないから、見てくださるところに行って

運動したり、お風呂に入れていただいたり、お友達を作ったり
するような場所らしいです。利用サービスによってはオプションに
なるので別料金発生...。

世の中、金ですよ。

たまたま家の近所にデイサービス(車椅子で3分しないような場所)で
送迎料かからず利用できる施設があるのでそちらの利用を勧めて
もらっています。

イロイロ考えましたが、後見人制度の利用はせずに
節約約介護系で進める予定。

痴呆では無い場合の後見人制度、話を聞きましたが
本人の同意が居るそうで。。。とにかく申請も説得も
めんどくさい。

今のところ母は友人がかなり居まして、週に3回ぐらいは
知人が遊びに着たり(差し入れ?)様子を見に着たりして
下さっていて、デイケアは要らないかな?と思っています。

私が食事の差し入れに行くと冷蔵庫にいろんなものが
増えているのですね。惣菜だったり食材だったりと。。。

もっとも母は台所仕事が出来なくなりつつありますので食材ですと
私が持ち帰って料理してと言うパターンです。
スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

お金がすべてではないけど、お金があれば楽になることもある

おはようございます

ブログのカテゴリー、「介護」の項目増やしました...

介護保険申請、認定の我が家の流れは

地域包括支援センターで申請用紙をもらい
申請、認定の為の(査定?)面談とかを行い
申請し、

介護度(支援・介護)が確定、
ケアマネージャーさんが確定
ヘルパー手配、介護の内容のフォロー

ヘルパー&見守りサービススタート

介護認定が出ると(たぶん級数?)によりますが
保険がおりますので家事サポートやら入浴サポートの
身の回りの補助(イメージ的にはお手伝いさん)を依頼
しても1割程度の支払いですみます。

後は病院の付き添いは別手配...。こちらは
請求が来ていないのですが保険対象なのかな

定期的な受診は家族が付き添える日になるべく
予約を入れるような努力も...。

有給がドンドン減っています。足りるかな。

介護施設に入った方がむろん安上りになるのでは?と
思いますが、我が家から近いというのが今の最大のメリットなので
しばらくはこんな感じでしょうか。

一時期頼んでいたセブンミール、高齢者宅への直接の
宅配にしていましたが、高齢者ね、家のチャイムが鳴っても
出るまでに時間が掛かるので、留守扱いになり、受け取りに
何度か失敗。

再配達依頼も可能ですが、
配達員の方の手間を考えたら心苦しくて...。

ということで今は冷凍惣菜に切り替えています。
定期便で頼むことになるかも…1月2万。

ケアマネさんに費用面の事を漏らしたら「後見人」制度を
勧められたのですが、専門家に依頼して申請して受理するには
時間もお金もかかる…申請までに10万円~

そして、毎月、後見人になる人への報酬も...。

家族が後見人になればもちろん報酬は不要ですが
毎月裁判所へ提出する書類作成とかあるんですって。

いやいや、終活って大事ですね。

ちょっとまた、介護の月々で掛かる費用がどのくらいか
請求書そろいましたらまとめて見ます。

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

広告

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

プロフィール

noel

Author:noel
遊びに来てくださり有難うございます。

都内勤務のとあるフルタイム共働き家庭の舞台裏として趣味と実益兼ねて優待株での資産運用記録を残しております。

お金は使ってナンボ。後悔しないお金の使い方を勉強中、目指すはバラスの良い家計管理!

アップのほとんどが予約投稿のため実情とずれていることがありますことご了承下さい。

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキング