特養に入所できました

おはようございます

要介護4の母の特養の入所先がようやく
決まりました。そしてすでに入所しております。

入所待ちの期間はおそらく短い方なのかも知れませんが
決まるまでは夫も本格的に仕事が探せない状況で

いろいろな葛藤がありました。

決まった瞬間、不思議なもので、入ってほしいと思っていても
なんとなく、後ろめたいというか。。微妙な心境に

でもね、入所の前の見学や担当者の話を聞いたりすると
安心できるところで安全に清潔に過ごしてほしいしその方が
今の痴呆が進んでしまった母には良いのかなと思えましたね。

そして会いに行くたびに、顔色が良くなり、足のむくみもとれて
本当に良かったと思いました。

足のむくみが酷いのはうちの母だけかと思っていたら
運動不足やら水分不足、そのほかいろいろな原因で
むくみの酷い方って多いんですね。

入所で必要な持ち物の一つに室内履きと有ったのですが
むくみの酷い母に室内履きなんてあるの?と思ったところ、

売っていましたよ。しかも左右別々のサイズがオーダーできる
画期的な商品です。介護専門店は流石ですね。



そして入所先の特養のサービスでは
希望すれば保険適用で外部からマッサージを
してくれる人が来て施術してくれるそうです。

申し込んだところむくみの心配があると言ったところ
週3回、1回20分から様子見ることになりました。

老人がむくみやすいというのも初めて知ったのですが
悩んでいる方は多そうです。
スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

育児と共働きは両立しても共働きに介護は両立しない

おはようございます

特養の申し込み中です。40代で自分の親の介護問題に
直面しております。自分が実際に体験してみてよりいっそう
今後、こういう家庭が増えてくると思いますが、

生活崩壊する可能性大です。

介護と言っても介護に至る過程はさまざま、
我が家の場合は主に痴呆と身体的な能力の
低下(主に歩行面)があるので一人での
生活は絶対無理。

介護が必要になる頃には、自分ではどんな
介護をしてもらうかなんてプランニングできる
状態ではないことがほとんどになると思います。

特に痴呆が進んだ場合はね、介護なんか必要ないと
自分で思っている人がケースが多いと思います。

うちがそうなんですよね、自分は元気だ、健康だと
歩き回りたがったり外に出たがったり。

子供の育児と違って、期間とか予定が
まったくよめないので、どのくらい経つと歩行
出来なくなるとか、痴呆が今後どのくらい
進むとか。。。

予測付きません。

常に家に居る方が誰か居ない限りは介護しながらの
共働きは無理ですね。要介護3辺り以上はおそらく。

勤め先の就業規則確認したら、介護時短は93日まで取れると
人事から回答がありました。給与は75%支給になるそうです。

93日で介護が終わる?

介護サービスも、実際利用してみると酷いものです。。。
本当に、今後の日本は大丈夫かなぁ。

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

ショートステイ利用しましたよ 介護の話

おはようございます

先月、子供が春休みのタイミングで
私の出張につなげて家族旅行も入れてしまえと

そこで困ったのが要介護4の母。連れて行くには
しんどすぎる(双方)ので、ケアマネージャーさんかねてから
お勧めしてくれたショーとステイを利用することにしました。

急遽探して見つけてくれて2泊3日、母も特養しせつの
ショートを利用しました。

そのお値段、2泊3日で約11,000円

介護保険に収まるようにしているので保険適応で
こちらのお値段です。

実際に介護して思うのは面倒が多すぎること。

ショートステイ利用するにも施設ごとにいちいち
契約が必要なので、次回別の施設にショートステイを
お願いしたい場合は、その施設との個別面談に
契約がイチイチ必要。

これがヘルパーさんとかデイケアとか全部の施設と
契約がイチイチ必要...。

働いていたらムリだからねぇ。

デイケアが分からなかったときは
保育園みたいな施設ですとケアマネが説明
してくれました。

送迎付(ほぼ有料)だし保育園より楽と思うのは
大きな間違え。送迎時間はリクエストはできるものの
こちらの要求が100%通らないですし、預かりも大体
7時間前後が多いです。

なので普通に働いていたら通勤時間入れて7時間以内で
行って帰るはありえない、正社員ならなおの事。

会社のミニマム滞在時間は私の場合9時間(ランチ入れて)
時短で就業時間は多少少なくなっても中小企業の勤め先
マンパワー限られているやること減らない

時短で帰宅したって持ち帰り残業が増えるだけ。時短で
給料は減るのにね。

特養申し込んでいますが保育園と違って選考基準と
入所許可は施設の裁量によるところが多いので、いつ
順番が来ることやら。

夫の職場復帰の際には特養待ちって言っていられないなぁと
つくづく感じています。

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

我が家の介護はこんな感じ

おはようございます

実の母の介護が始まりまして、超スピードで4まで
認定が下りました。

事の始まりは2年ぐらい前に自転車で転倒し搬送先の
病院で地域包括支援センターを紹介され、介護認定を
受ける手続き

ケアマネージャーさんと病院で主治医(担当医がいないと
介護認定が出にくい)を決めてスタート。

この時に出たのは要介護1でしたが、翌年更新の時には
要介護3

要介護1~3の間は一人暮らしをしており、食事は
冷凍の惣菜と私の手づくりの差し入れ、ヘルパーさんが
週に5日間通ってくださり安否確認と生活の介助を。

この時の食事代とヘルパーさん、車いすのレンタルで4万
前後掛かっていたでしょうか。

昨年の12月通いのヘルパーさんが倒れた母を発見し
再び病院へ緊急搬送。この時には痴呆が進んでいると
医師の判断と認定区分変更の手続きをした方がよいとの
アドバイスで

1月にいろいろ手続きをふみ、今は要介護4となっています。

そして、週5回デイケアでいろいろなリハビリトレーニングと
入浴を手助けしてもらって、デイケアのない日はヘルパーさんが
日に2回来ていただいている状況。

介護費用ざっくりと
1.介護用品のレンタル、  月3,000円
  介護ベッド、トイレの手すり、車いす 

2.週2回、朝と夕方ヘルパーさん  月10,000円

3.週5回のデイケアは  月50,000円
  食事、入浴補助込み

これらの金額は介護保険適応後の
実費の支払いです。1割負担だから
残りは保険が適応されているって、すごいと
思います。

ちなみに要介護度が上がれば上がるほど
手間がかかるという事になり、費用は微増
していくシステム。

リハビリパンツは区から補助が出て
我が家の場合はほぼ無料で利用できています。

母と一緒に暮らすようになって日中はデイケアに
行っているものの朝10時お迎えの18時帰宅だと
とても普通に会社員として働くのは無理ですねぇ。

まあ、デイケアがもともと保育園のように働く
家族をサポートするための施設ではないから
しょうがないのかな。

夫の社会復帰が遠のく…。

テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

終活について考える

おはようございます

要介護となった母の家を片付けております。痴呆が日に日に酷くなり
一般人との生活が非常に難しい状況。

我が家の母の痴呆の具合は、いうこと聞かない、やんちゃな
子犬が一匹と言う感じですかね。

しかも細切れにしか寝ないので夜、まさしく子犬やら1歳児ぐらいが
するようないたずら(本人は真剣)をするので、出かけるときに
「鍵が見つからない!!」とか、履こうと思った靴が無いとか

置いてあったバッグがない。。。こんな状況です。

私も勤めていなければ焦らないんですが、出かける時間が
ある程度、決まっているものでストレスです。

早く家の片づけをして賃貸に出し老人ホームへと思いますが

その片づけがね、進みません。物凄く物が多いんです。年取った
せいもありますが、戦前の人なので物が捨てられない…。
かなり極端に。

それでも頑張って、実家の片づけをしているときに
私は顔に怪我しまして...
不注意な自分が悪いんですがね、うらみたくもなります。

一歩間違えたら失明しかねなかったのでぞっとします。
危険物が一杯過ぎてね、泣けてくる。

老人一人住まいだと自治体が特別にごみの回収を別途
してくれるのですが、90Lのゴミ袋サイズのごみをなんぷくろ
出し続けているんだろう。

あまり大量だと粗大ごみ扱いになるので週1回、2,3袋ずつ、
出しても出しても、終わらないんです。

なぜか乗りもしない自転車が2台、母の話では(痴呆入っているので
真相は不明ですが)引っ越した人が居たので1台譲ってもらったとか

庭には、東京の寒空に似つかわしくない南国の某樹木が
沢山、手入れしていなかったもので隣家へ大迷惑を。。。

よくクレーム来なかったなと、いや、来ていたのかもしれないんですが
母も忘れたか聞き流したかな...。

東京でプランテーション体験できると思いませんでした。30坪ない
土地なんですけどねぇ。

終わらない片付けに、リフォームの打ち合わせと
やること沢山。

老後の準備で「お金」が大切なのはそうですが、
身の回りの整理も大切ですね。

老いる老いないに関わらず、子供が巣立ったら小さな生活を
目指そうと痛感しました。

顔に大きなかさぶた。。。痛いです。目に刺さらなくて良かったホント。

テーマ:日々の中で・・ - ジャンル:ライフ

広告

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

プロフィール

noel

Author:noel
遊びに来てくださり有難うございます。

都内勤務のとあるフルタイム共働き家庭の舞台裏として趣味と実益兼ねて優待株での資産運用記録を残しております。

お金は使ってナンボ。後悔しないお金の使い方を勉強中、目指すはバラスの良い家計管理!

アップのほとんどが予約投稿のため実情とずれていることがありますことご了承下さい。

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキング