FC2ブログ

役所もなかなか簡単には許可しませんね

おはようございます

補助金を出すとイロイロ宣伝してくれていても
実際に申請してみると、壁が高くてなかなか補助申請が
通らないことが多いです。

我が家は母が住んでいた実家をフルリフォーム中ですが
リフォーム開始後、一部、シロアリの被害が酷くて、蓋を開けたら
費用がかさんでいるよくあるパターン。

最終的には2千万近くなりそうですよ(引っ越し、カーテン等含めて)

介護リフォーム補助を受けようとしたら、当時のケアマネージャーさんが
書類作成を拒否。要するに、必要と思われるリフォームが
ケアマネージャーさんの介護の観点からはまだ必要ないとの事。

必要になってからリフォームなら○、今後必要と思われることへの
リフォームは申請除外なんです。

そして、こちらの自治体では耐震のリフォーム補助があるので
途中まで申請したのですが、違法建築に当たる箇所があり
申請適応外。

意外と、建築した当初はOK(グレーゾーン)だったけど、
今は審査が厳しくなっているケースもあるみたいです。

良くあるのが出窓のパターン、実家の場合は
ベランダのサイズがNG対象でした。

結局頼れるのは自分のお金ですね。家を持つって
修繕代、馬鹿になりませんね。

まあ自分の分が申請通らないと「え~」と言う気分になりますが
他の人に対して何でもかんでも申請許可下りるようでしたら逆に
「え~」ですよね。

税金投入するわけですし。
スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

引っ越し見積もりとりました

おはようございます

案の定、家の事になると、最初のベース金額があっても
ドンドン上積みされていきますね。リフォームでも当初の見積もり
金額にプラスアルファーがでることになりました。

どのくらいプラスになるのかはこれからでてきます。

これから掛かってくるだろう費用が、引っ越しとカーテン代、
小さなところだと、電気製品(照明)、表札、ポスト、
庭木の手入れがあります。

こういう部分も考えてベースの金額は張り切りすぎないほうが
良いですね。

そして引っ越しですが、引っ越し業者繁忙期の年末に
なりそうだということが判明し、早めに抑えようと見積もりを
とることにしました。3社ほど週末に来てもらって確認したところ
15~20万

都内狭小戸建ての悲しいところですが、引っ越しの荷物は
2階吊り上げが必要なのでクレーン手配となり若干高めに
なるとの見込みです。

荷物の搬入のしやすさ考えて家を買ったり立てたり
しないですからねぇ...。

2階リビングでストレート階段じゃない場合、
冷蔵庫の搬入経路、イロイロ面倒です。

家電と言えば、シーリングファン、イロイロ迷いましたが
夫のDCモーターリクエスト、私の希望するシンプル
デザインなっとくしたのはこちらのタイプ




おしゃれなデザインでDCファンって無いんですね
海外製は特にDCにこだわりがまったく無いようで。
私も無いんですけど、夫は譲らないと。

結果、日本メーカー品になりました。

そして今は表札を選定中。あまり知識が無いもので
こういうときは風水と。

風水によれば表札は浮き出し文字が良い
らしいとか。避けたほうが良い色とか。。。を
気休めですが参考にして選んでいます。

こんなおしゃれな感じに憧れますがほかの部分の
センスが追い付かないのでちぐはぐになりそうです。

素敵なデザインでうっとりしちゃいます。

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

お家査定中

三連休真っ最中、

かなりの暑さでちょっとへばっています。

リフォームも中盤でちょっとずつ壊された部分が
元通りになろうとしているところで、必要な
電灯、外灯、をかったり、外壁などの細かな部分の
打ち合わせに入ってきています。

で、今の住まいからリフォーム後の実家に移り住む予定
ですが、今の家を賃貸にするか売却するか検討した結果

今は9割売却の方向で傾いています。

不動産の不労収入はとても憧れるんですが、大家さんになるって
けっして不労じゃない気がするんですよね。

難なくこなしている人も沢山いると思いますが、
法律関連、人間関連、いろんなわずらわしさが発生する
可能性が有ることを考えると二の足を踏んでしまうのと

リフォームの面倒さは一度で沢山…

そして、売って現金貰ったお金を元種にして
動いてもらう方がサラリーマン続ける共働きの
私にはあっている気がします。

バイトのバレエ講師もやめる予定ない(むろんこっちの方が楽しい)
ので時間が全くないんです。(日曜日はバレエだけでつぶれている)

何より、実際に不動産屋さんとお話をしてみたところ
買った時の金額より高く売れそうだと言われたのが
売却に気持ちが動いている大きなきっかけ。

まだ売れてはいませんので絵に描いた餅ですが

地元の不動産屋3件回ったところどの担当者からも似たような
金額のアドバイスで売却益は出ないけど。

10年分の住居費が無料になる結果になりそうです。

そして住居以外の不動産の税金の話、相続の事
今後法律がどうなるか分かりませんが、今は売却の
方向です。

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

コンセント リフォームの話

おはようございます

自分たちが移り住む前提で実家のリフォームの
真っ最中です。

間取りがほぼ決まり、足場も架設し、大掛かりなリフォームが
スタートしました。

前もって全部決めてからはいスタート!っかと思っていたのですが
リフォームって途中変更がちょこちょこ出るためか、ちょこちょこ
細かな打ち合わせをしています。

2週間に一度現場見ながら打ち合わせが入っています。

先週末はコンセントの打ち合わせをしてきました。こちらの
強い要望のあるシーリングファンについては漏れ無いですが

見落としている箇所が複数あって、コンセント数足りるかなとか
ドキドキしています。

大型家電はイメージつきますが、その後の生活スタイルと
手持ちの家電と頭フル回転で頑張りました。

今回、我が家が特にこだわったのは、壁掛け扇風機を
脱衣所につけることです。換気扇の代わりの意味も
ありますが、暑い夏、お風呂上りに扇風機があたったら
気持ち良いだろうなと。。。。

もともと、亡くなった父が実際に実家の脱衣所に
設置してくれていたので、それを真似ています。

壁掛け扇風機は壁の補強が必要な場合も
あるそうなので事前に相談してよかったです。



後、コンセントの高さ。

以前、バリアフリーを謳ったマンションの見学に
行った時に「コンセントの位置が40cm」にありますので
かがみこまなくてもいいのがとても楽ですと。

今の新築戸建て(建売)を契約したとき
施工前だったので高さ40cm位置のコンセントを
お願いしたらOKされ

実際に使っていますが、

身長高い私にはとても楽です。ぎっくり腰も何度か
やっていまして、腰の負担が明らかに違いますよ。

一般的な高さは25cmだそうです。らくだからと
あまり高くすると目障りになったり、掃除機コードなどの
ひっかかりにもなるので要注意ですが。

もう40代もだいぶ過ぎてくると老後も
すぐそこだからね、足腰に優しい家は必要です。

家の長持ちと自分が長持ちできる家もテーマですね。

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

家作りは、住むイメージトレーニング

おはようございます

実家の改装工事が始まりました。

契約金額は約1,600万ですが想定で1,700万ぐらいになりそう。
これにプラス引っ越し代と家電(エアコン、カーテンはマスト)代を
加味すると、

ヒア汗でる金額になります。

小さく住むのも理想ですが、我慢するにも程がありますし
何のためにお金を稼ぐのか貯めるのかと考えたら

自分が快適に暮らすため。

自分が必要と思えるところにはガツンと使います。

先日、実際の職人さん(営業マンは親方と呼んでいた)と
施工スタート前の打ち合わせをしました。

数時間のたちっぱなのに足腰に来ました。。。健康じゃないと
リフォームも出来ませんね。

理想だけ盛り込んだ図面でしたが現場で話し合っているうちに

大型家具、家電の搬入をきちんと想定していなかったこと。

隣と家が近いので寝室に面するベランダに
転落防止、侵入防止、目隠しを兼ねた
ポリカーボネイトを追加する工事を予定しており
ましたところ

画像をお借りしました、こんなイメージのもの
img_a006313005014_01.jpg


大型家具はこのベランダからでないと搬入が出来ないだろうと
言うことが発覚。柵の上にさらにポリカーボしたら高くなってしまい

引っ越しの妨げになるのではと?

可動式ポリカーボまたは設置しないかで、再検討を
することになりました。

こんな調子で、図面が出来上がった後も、いろいろと
変更点はちょくちょく出てきます。

営業マンは根気強くて「施主さん、だいたいこんな感じですよ
工事始まってからも、皆さんいろいろ変更やアイデアが
でてきますから」と。

とにかく住んでからのイメージが一番大事ですね、理想は
イロイロあるんですが、リフォームだとあるものを改造するので
制約も多い。

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

広告

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

プロフィール

noel

Author:noel
遊びに来てくださり有難うございます。

都内勤務のとあるフルタイム共働き家庭の舞台裏として趣味と実益兼ねて優待株での資産運用記録を残しております。

お金は使ってナンボ。後悔しないお金の使い方を勉強中、目指すはバラスの良い家計管理!

アップのほとんどが予約投稿のため実情とずれていることがありますことご了承下さい。

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキング