かっこいいケチを目指す

おはようございます

40も超えて小銭小銭と騒ぐのはあまりかっこよくないのですが
先日のヨーロッパから来た20代後半の出張者(女性)、潔かったですよ。

両替所に連れて行ったのですが彼女が両替したいお札は
取り扱いしてくれず大きな額のお札のみとカウンターで言われたら

「別に両替するところある?」と

他人に迷惑を掛けるとか人からどう見られるとかより
まずは自分がしたいことをきちんと伝える。

一般的な日本の人だとここで、まあ、余分に両替して
あまったらお土産買えばいいか?とかあまったときには
再度両替すれば…となりがち

おまけに自分ひとりではなくそばにサポートしてくれている
ガイド?の人間が居ると人を待たせてはいけないとか余計な
事を考えてしまう。

これを人を思いやる心とすれば美徳と言えば美徳ですが、
人の目を気にしすぎると自分も疲れてしまいます。

彼女は余分なお金を両替したくない、お土産なんて買う予定も無い
滞在に必要な金額と、帰りの空港までの交通費を予め私から聞き出して
彼女なりに計算した金額のみを現金で欲しいだけ。

少し余分に両替するよりも欲しい金額だけ両替したいと。

まあ、極端な例ですが…。

以前もイギリスから来た若者当時私も20代、その人も
20代同士で夜の新宿でご飯を食べることになり、手ごろなお店は
すべて満席と…。

仕方ないのでちょっと高いお店に入ろうとしたら
「自分達の予算超えているからここのお店は嫌だ」と
きっぱり言われたこともあり。

話がそれましたが、自分にとって無駄な支出である場合は
しっかりきっぱり、割り切るのはかっこいいと思いました。

会社で言えば、付き合い残業と付き合いランチに飲み会、
事情があったり気分が乗らなければ「自分は結構です」も
ありよね。

ただ、人に強要はNGなので、ケチも家族、子供には強要ではなく
意見と生き方として示して生きたいなと思います。

10年後は「ケチ」はかっこいいの代名詞になっているかも
しれませんね~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

広告

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

プロフィール

noel

Author:noel
遊びに来てくださり有難うございます。

都内勤務のとあるフルタイム共働き家庭の舞台裏として趣味と実益兼ねて優待株での資産運用記録を残しております。

お金は使ってナンボ。後悔しないお金の使い方を勉強中、目指すはバラスの良い家計管理!

アップのほとんどが予約投稿のため実情とずれていることがありますことご了承下さい。

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキング