教わること その2

おはようございます

本日も引き続き説教じみた内容です

学校に行くようになると、子どもはきっと
いろんな先生やお友達と知り合い、それぞれに
注意を受けることが増えてくると思うのですが

それをどうぞ「教わる」と受け止めてほしいなと
叱られると思うと委縮してしまうし人の顔色を
伺うようになってしまうので

親の自分はできるだけ「あなたのために
みんながアドバイスしてくれているんだよ」と
伝えられるように補助していこうと思います。

バレエのレッスン中、先生から「私は注意することしか
できないよ、やるのは自分だから」と言われたことが
凄く心に響きました。

そう、親のお仕事ですから嫌な役割は全部親が
引き受けます。何度も何度も同じことを繰り返し
言い続けることになるしお互いうんざりするだろうし
疲れちゃうこともあるだろうけど

でも巣立っていくその日までに分かってくれます様に
長い目で...。

もう一人の先生からバレエを始めたばかりのころに
言われた言葉も思い出しました

「昨日の自分と比べて上達していればよし!隣の人と
比べないで」と

本当にその通りですね。

よし!!頑張るぞと心を新たにしました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児

コメントの投稿

非公開コメント

広告

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

プロフィール

noel

Author:noel
遊びに来てくださり有難うございます。

都内勤務のとあるフルタイム共働き家庭の舞台裏として趣味と実益兼ねて優待株での資産運用記録を残しております。

お金は使ってナンボ。後悔しないお金の使い方を勉強中、目指すはバラスの良い家計管理!

アップのほとんどが予約投稿のため実情とずれていることがありますことご了承下さい。

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキング