小学生の英語…駄文です

おはようございます

先日、ラジオのニュースで小学校早い段階から
(3年生だったか記憶があやふや)

英語の授業を取り入れ成績を付ける
対象の科目とするとかなんとか...。

ふと思いましたのがうちの会社の
英語が流ちょうなのに仕事のできない人…
沢山います。高打率でいます。

英語が話せて仕事ができる人も
勿論います。

英語を話せる事がグローバル化
なのかな。

This is a pen って例文も良くないよね
This is なら、電話で出た時に良く使う「this is 自分の名前」
の例題にしたほうがよほど実用的なのにねぇ

まあ流石に今の教科書は違うのかな?

話それましたが、
自分の言いたいことを相手に伝える
って日本語も英語もね大切。世間話だけでは
仕事は進まないしね。

コミュニケーション能力って英語が話せるようになると
つくものですか?

英語を話す外国の友人を作るには
英語力ではなく気の合う人と出会えたか
どうか、ご縁でしょう。人柄もあるしね。

グローバルって英語力じゃない気がします。
コミュニケーション能力も英語力ではないと
思います。

ちなみに、やらせないとかやらなくていいという
我が家の方針の話ではないです。

文科省には小学生のうち生きる知恵というか
生き抜くすべというか…もう少し小さなことを
しっかりと…

うーん、うまくまとまらず。

長々と失礼しました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児

コメントの投稿

非公開コメント

広告

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

プロフィール

noel

Author:noel
遊びに来てくださり有難うございます。

都内勤務のとあるフルタイム共働き家庭の舞台裏として趣味と実益兼ねて優待株での資産運用記録を残しております。

お金は使ってナンボ。後悔しないお金の使い方を勉強中、目指すはバラスの良い家計管理!

アップのほとんどが予約投稿のため実情とずれていることがありますことご了承下さい。

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキング