第三子はあきらめます

第二子が思ったより手が掛からなかったので(夜泣きが少なく
一人遊びが上手)年齢的なこともあって、結構早いうちから第三子を
意識するようになっていました。

自分の体力と、周りの環境、考えると、我が家にやってきてくれた
2人の子供と夫婦でゆっくり前に進もうと思います。

これからも赤ちゃんをみると、懐かしく羨ましく想う感情が
沸き上がると思いますが、性の本能なのかも知れないですね。

是非とも政府に赤ちゃんが欲しいと願う家庭に強力な優遇策を取って貰いたいです。

赤ちゃんが欲しい家庭へのサポート、たとえば、授かりたいと思った時に
行く病院の保険適応範囲をもっと広げて頂きたい、

扶養家族が増えたとき、第二子目は所得税が半額、第三子以降は全額免除!
なんてどうでしょう?もちろん働くママに対する制度と企業の指導はしっかりして欲しいですが。

私は年齢的なことが一番大きな理由で諦めますが、まだもし30代のカップル
で3人目4人目を望むなら経済的な理由で諦めることの無い様、政府からの援助を
是非。

赤ちゃん連れマナーを色々と取り沙汰されている世知辛い世の中では有りますが、

私は、会社のお荷物にならないように今日もがんばります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:家庭内事情 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

広告

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

プロフィール

noel

Author:noel
遊びに来てくださり有難うございます。

都内勤務のとあるフルタイム共働き家庭の舞台裏として趣味と実益兼ねて優待株での資産運用記録を残しております。

お金は使ってナンボ。後悔しないお金の使い方を勉強中、目指すはバラスの良い家計管理!

アップのほとんどが予約投稿のため実情とずれていることがありますことご了承下さい。

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキング