子供費<老後費

皆様、おはよう御座います。

タイトルの通りなんですが、我が家の比重です。

以下、理由なのですが、ちょっと極端な話になるかもしれません。
興味のある方はどうぞお読み下さい。

家庭ごとに収入の違いはあると思いますが、我が家は夫婦ともに
都内の会社員(正社員職)です。年収はざっくりとでも想像頂けるかな?

我が家では教育費を大学費用までの22歳が天井としています。

大学又は専門学校に入るための準備金に学資保険代わりに生命保険を
かけており、それぞれ18歳頃に300万の入学金としてまとまったお金の用意を
しております。ここは一括払い済です。

上の子が二十歳ぐらいのころに夫が退職をします、順調に行けば
その頃は私はまだ働いているはずなんですが。。。。将来は分かりませんね。
話はそれますが、私の勤める会社では買収話がちらほら。吸収合併されたら
リストラ対象になる可能性があり…。

まあ、順調だった場合は、私の給与から生活費と月々の学費を出しつもりで
貯金を多少は使いながらの生活が数年続くかなと想定中。(夏休みはバイトしてね!)

親が用意しきれないお金に関しては子供には自力で何とかする力、へこたれない強い心で
乗り切ってくれればと願っております。

親に何があっても、夢は諦めず前を向いて欲しい。少々厳しい方針かもしれません。

600万用意しているとか私立理系を想定して1人につき1,000万を用意する予定とか
聞くと焦らないわけでもありませんが、

退職までにたとえば用意できるお金が5,000万あったとして、そのうち2,000万近く
子供二人の学費全額に、結婚費用、ファーストカー、免許、果ては留学費用の用意したら
自分達が使えるお金は3,000万。退職金が出れば問題ないですが、年金だって
75歳案が出ている昨今、信用できません!

という事で、我が家が想定しているのは彼らの学費のみです。幸い都内なので進学予測は
都内の大学か専門学校8割と読んでいます。私みたいにいきなり海外で生活と言うのも
自活できるならオーケーのスタンス。

私は10代の後半から20代頃に留学熱に掛かった時期がありました。しかし学費を調べると、
親に強く要求できるような金額ではなく、考えたのが、海外の会社へ就職するでした。

新卒で入った会社で希望通りの職種に就く事が出来ましたが、海外に拠点を置いてでした。
結果、留学せずとも今は3ヶ国語話せます。しかし、何ヶ国語どれだけ流暢に話せるかは
会社で何の役にも立たないことは立証済。それより人間性だなと最近はつくづく思います。

そして車の免許、自動車学校行くなら恐らく30万?

自動車学校に入るお金が無ければ、最低限の講習を受けただけで、
免許の試験は公安委員会の運転試験場で検定試験を受ける方法があります。

私が実際にやりましたよ。最低限の短期講習を受けた後、府中運転免許試験場 へ
試験官は現職の警察官でそれはもう、7回仮免で落ちた事はいい思い出です。
トータルで約15万で合格を手に入れました。

車、バイク、欲しいものは自分で稼いで手に入れて欲しい、そして大切に使って欲しい
こういう考えを持っております。

私が考えるところ、親が健康で幸せでなければ子供は育たない!と思っておりますので

我が家の比重は 子供<親 です。下の子が小学校に上がるころには私も習い事を再開して

教育費の用意は充分に出来ないかもしれないけれど、子供に迷惑かけない老後と言うのは
最高のプレゼントになるんじゃないかなと考えております。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

広告

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

プロフィール

noel

Author:noel
遊びに来てくださり有難うございます。

都内勤務のとあるフルタイム共働き家庭の舞台裏として趣味と実益兼ねて優待株での資産運用記録を残しております。

お金は使ってナンボ。後悔しないお金の使い方を勉強中、目指すはバラスの良い家計管理!

アップのほとんどが予約投稿のため実情とずれていることがありますことご了承下さい。

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキング