共働き我が家のお財布事情

皆様おはようございます

生活費等は共働きのお家だとどのように分担しているのか
時々気になったりもしますが、各家庭によって事情は様々なので
よそ様と比べてはいけないと思いつつ、正直気になります…。

我が家の場合は、結婚当初は夫より食費と小遣いを含めた金額
5万円を貰いそれ以外の部分は夫が支払いを担当しておりました(いまも同じ)

私の給与はほぼ毎月全額貯金に回しており、食費を切り詰めて残れったのが
私のお小遣いの感覚。たぶん、我が家では私が一番お金持ち。

子供の口座は開いていますが、子どものための貯金は積み立てていません。
必要な時には我が家の貯蓄額からのパーセントを考えて必要分を出したり
サポートしようと思いますが、夫婦で稼いだお金はあくまでも夫婦の物です。

夫にお小遣い制は有りませんが、本当に珍しいぐらい無駄遣いもせず
お弁当を持参してくれるような人です。

500円、ワンコインのワイシャツを喜んで買って着てくれる人って
いまどき珍しいですよね。年齢とともに私としては多少なりとも良いものを
身に着けて欲しいのですが、彼の言い分としては「男だからね」と。

そして現在、私が管理を任されている金額は17万円と増額しております。

増額した理由は住宅ローン(11万前後)と子供の習い事が私の口座からの
引き落とし設定にしてしまったのでその分をプラスしてもらいました。

そしてさらに1万は美容院ぐらい行きなよという心遣いを頂いています。1,000円カットで
済ませる事が多々ありましたが、女性の1,000円カットは毎回はちょっと思っていたようです。

我が家では住宅ローンは完済しており、11万前後は毎月の資産運用資金と考えておりますが
NISA口座であたふたしてしまったのと、何を買えば良いか考えすぎて停滞した期間が有るため
そのまま現金で保有中。

そしてボーナスでは、大きな買い物が無い限り、やはりそのままスライドして貯金する
事が多かったのでボーナス払いも特になく、夫婦それぞれが管理しております。

今年は車を買ったのですが支出は夫が担当しております。現金で車が買えるぐらいは
手元にあるという事なのでやはり妻に17万渡しても多少なりとも毎月の生活費残額からも
貯金が出来ているようです。

ある意味、別財布、別会計と言えば別会計なのですが、企業で言う四半期に一回、
保有中の口座をお互いに公開(報告)して全体のボリュームをざっくり把握しております。

という事で年間の貯蓄が予想している貯蓄額になっていれば良いかな?と言う程度の
甘い管理…

緩い管理方法が吉と出るか凶となるか、これは各家庭と個人の性格によるのかな。緩やかですが
貯金は増えてきていますので大きな問題は見られません。

年単位で今後は見ていこうと思います。そもそも家計簿をきちんとつけられているのも
今年になってからなんです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

広告

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

プロフィール

noel

Author:noel
遊びに来てくださり有難うございます。

都内勤務のとあるフルタイム共働き家庭の舞台裏として趣味と実益兼ねて優待株での資産運用記録を残しております。

お金は使ってナンボ。後悔しないお金の使い方を勉強中、目指すはバラスの良い家計管理!

アップのほとんどが予約投稿のため実情とずれていることがありますことご了承下さい。

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキング